So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

自分が車のオーナーであるとあまり [日記]

「買取価格比較サイト「ヒカカク!」運営のジラフが1.3億円の資金調達、ポケラボ創業者が参画 - TechCrunch Japan」 より引用

TechCrunch Japan買取価格比較サイト「ヒカカク!」運営のジラフが1.3億円の資金調達、ポケラボ創業者が参画TechCrunch Japanここまでの歩みを振り返り、ジラフ代表取締役社長の麻生輝明氏は「SEOで流入数を増やしつつ、サイト内のコンテンツを充実させていき、トランザクションしてもらえるような仕組みを作っているのが大きい」と言う。 例えば、自動車買取領域では中古車買取・査定サイ…(続きを読む)

出典:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNHHSJ2BPgxKHomZpAwsbBo5P8z8qw&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&cid=52780426763253&ei=YItoWfHjGOe94AL665XIAQ&url=http://jp.techcrunch.com/2017/03/15/jiraffe-raised-01/


自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。
公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車がないことで相当の不便がなければ手放すことで家計は結構節約出来るはずです。
維持費の内わけを見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険自動車税、別に借りている場合には駐車場代などがあります。
これらの合計を出すと、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。
3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。
市場で需要がアップするときには需要と同時に買取の相場も上がるのです。
売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。
売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。
相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。
ウェブ上のおクルマ一括査定ホームページの中には、個人の名前などの情報を掲載せずに査定可能なホームページもあります。
結果を連絡して貰うために連絡先は書くようですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。
メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。
沿うは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、やはり詳細な金額ではないため、あまり参考になってしまうとも思えません。
自分が所有している車のおおよその査定相場を確認したいときに、Web上のおクルマ一括査定ホームページを活用してチェックする方法も存在しますが、自動車メーカーのHP上で参考になる査定額を知ることも可能です。
その自動車メーカーのホームページ上なら名前などの個人情報を全然掲載せずに売却要望の車の年式や車種などの基本情報のみで確認可能なところもあるので、一括査定ホームページを通して見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)を出したときのようになんどもしつこく電話が掛かってくることはないでしょう。



nice!(1) 

買取依頼の時に [日記]

買取依頼の時にボディが傷ついていると、審査では損をする場合が常識です。
かと言って、前もってキズを修繕して審査してもらうのも効果的な手段ではないです。
熟練者にリペアしてもらってもリペア費用を取り戻せるほど審査に影響を及ぼしませんし、独力でリペアしてしまうとむしろデメリットとなることが少なくありません。
したがって、無理に修繕して買取に出そうとは思わず、リアルなままで審査に出す方がベターでしょう。
くるま買取を活用する際の行程といえば、一括審査サイトを用いて、買取に出すショップをセレクトし、選んだショップに現物の審査を頼むというのがポピュラーだと言って支障ないでしょう。
一括鑑定は若干機械(人間には不可能なことや負担の大きすぎることも、簡単にやってくれますね)的で変化する余地が多くないですが、現物審査はリアルに対面しての進行、つまり、対話術によって評価額が上下するかもしれないです。
時間に余裕があれば、数社から現物鑑定で額面を聞いてみて、価格の駆け引きをしてもオーケーです。
比較的高値で売却できる車種というとやっぱり軽自動車だと思います。
「足代わりに安価な車種がほしいというクライアントからニーズが高い」「代車としての使い道もあるのでユーザビリティが高い」とコレまでの車屋でも評価されているとのことです。
ここのところ、普通車と似たサイズの軽も多くなってきたので、一家揃って乗るために購入するというお客さんもいるようです。
軽は燃料費や税負担が軽く、仕入れた先から品切れになっていくので、それだけ鑑定でも高めになるのでしょう。
製造年度が古いクルマでも大事に乗っている方はいます。
そういったクルマは買取出来るのかというと、なんとも言えないところです。
旧式でも売れるモデルというのは限られており、それも業界で言うところの「極美」「新車同様」といったレベルなら買い取ってもらえる事があります。
しかし、一括で鑑定してもらっ立ときに売値がつかないようなくるまだと売主が満足できるようなプライスをつけてくれる専門店はないでしょう。
再塗装や改造などもコレまでの車マーケットでは避ける風潮ですが、個人同士の取引であれば、そのクルマに見合った額で取引できる可能性も十分にイメージできるのですから、愛好家つながりの集まりやクルマ競売サイトなどを巡回してみるといいでしょう。



nice!(1) 

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ