So-net無料ブログ作成
検索選択

買取の詐欺被害も [日記]

買取の詐欺被害も起こっているのでご注意ちょうだい。
高額鑑定で安心指せて、成約指せておいて、難癖つけるようなことを色々と言って初めの価格よりも格段に値引いて買取ろうとしてきます。
とんでもなく低額なのでオーダーを断ろうとすると、クルマはもう手元にないという風に言いだし、輸送料、保管料などの名目で現金を請求するなどのやり方もわかっています。
そればかりか、クルマの引き渡しをしたのにそれに対する清算がなかったという実態も相当あります。
クルマの買取額は、どこのお店と契約するかでバラバラとなっていて、下手をすると値段のギャップが相当出るケースがあります。
一社じゃなく何社かに査定依頼を出すことが大事なのはそういう事なのです。
いくつかの買い取りショップに対し見積依頼に出したい、そのようなとき、査定を一気に行ってくれるサイトがあるのでそれを利用すれば、あんまり手間が掛かるワケじゃないですので心配は不要でしょう。
もし仮にくるまの買取の必須書類である納税証明書が見つからないケースでは自動車税の支払先の都道府県税事務所に再度発行して下さい。
万一、軽自動車だと、区役所か市役所での再振り出しとなります。
仮に失くしていれば早急に再発行し、くるまの買取の時点には手元にある状況にするといいですよね。
くるまの買取に対する疑問では、所有者本人でなくても売れますか?というのが思いの外多いです。
所有者名義が本人以外だった場合は、しっかりしたプロセスを踏むことが必要です。
その為には名義の人の印鑑証明書とそのクルマを譲った事実がわかる売却委任状と譲渡証明(両方に実印を押印)があれば代理の方でも売却出来ます。
ただ、土日や夜などにご自身が契約可能なら、書類を少なくできるので、相談してみるべきです。
くるまの名義が金融事業者となっているときは、実質売却は無理です。
割賦を支払いし終えて個人名義(所有)に戻せば売り渡すことが可能です。



nice!(0) 

nice! 0