So-net無料ブログ作成

月々のローンの返済がまだ [日記]

「ユーカーパック、2億円の追加増資を実施」 より引用

「Ucar査定」は全国のガソリンスタンドに順次展開されるUcar査定サービスネットワークにより、最寄りのガソリンスタンドで1回査定を受けるだけで、多くの買取会社や販売会社から買い取り見積り金額の提示を受けることができる買取査定代行サービスです。 ... データ化した査定情報を流通することで、既存の流通構造を効率…(続きを読む)

出典:http://www.sankeibiz.jp/business/news/170308/prl1703081302097-n1.htm


月々のローンの返済がまだ残っている場合でも買取業者に売却することは可能です。
要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されている場合に限られます。
まだ名義がローン会社になっている場合は、全ての債務の返済が済むまでのあいだはローン会社所有の車ということになりますから、返済しゅうりょう後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。
もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。
車を買い換えたいときに、ディーラーに下取りに出すのと買取業者に売るのとのどちらがいいかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。
とにかく簡単に手つづきを済ませてしまいたいのであれば、楽な方はディーラーです。
新規に車を買うことと手もちの車を売ることの両方が叶うので、なにより簡単です。
手つづきが楽なのを優先するのではなくてて、1円でも高く車を売りたいのであれば買取業者に鑑定を依頼する事を御勧めします。
一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、査定額を上げることも可能になります。
個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、ユーズドカー買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。
コレまでの車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで金額を競わせ、高い買取額を狙うというのもありです。
ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、どことも競う必要がないため、高額な金額はつきにくいです。
ただ、一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはないですよね。
一概にどちらが良いかは言えません。
車の現物を見て評定して貰う時は、くるま屋に車を乗り付けるのではなく、業者に訪問評定に来て貰うといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。
買取を行っている店舗の多くは無料の訪問評定サービスを提供しています。
この時に幾つかの業者に一度に来てもらって各社同時に査定ということもできない訳ではないですよね。
単独の時にはない競争原理がはたらきますから、高値で売却できるメリットがあります。



nice!(0) 

nice! 0